禁煙をして換気扇や肌も綺麗に

最近は禁煙ブームの到来もあるからでしょうか、喫煙者の煙草が吸える場所というのはかなり限定されてきています。よく昔から家族のために配慮をして、ベランダに出たり換気扇の下で吸うというようなこともあったのですが、これも近年は考えさせられるような自体になっています。

特にマンションでは要注意です。換気扇の下で吸っていたとしても、それは最終的に外へ煙草の成分や臭いが排出されていきます。煙草を吸わない人にとってはちょっとした臭いであったとしても肌感覚で気がつくものです。隣近所に子供がいる家庭の場合は子供に悪影響を与える可能性もありますし、妊婦または妊娠を希望している女性からすれば煙草は害悪でしかありません。その為、何気なく換気扇を利用していたとしても結果的に別の人に影響を与えてしまう可能性があるのです。

これを回避するには禁煙も一つの方法となります。煙草をやめれば肌にも臭いはつきませんし、他の人や場所に迷惑をかけることもありません。換気扇にもフィルターはついていますが、悪影響を与える成分を除去してくれるわけではなく、底ににおいが染み付けば他の人からの苦情の原因ともなりかねません。可能な限り早急に禁煙をする方がいいのは明白です。

煙草は吸っているときの煙だけではなくて、肌や衣服、寝具など様々なものに臭いや成分を付着させてそれらも他の人たちに悪影響を与えます。アレルギーやアトピー、喘息を患っている子供たちには悪化させる原因ともなります。外だから誰もいないし吸ってもいいというような考え方をせず、子供のいる場所では極力煙草を控え、換気扇の下なら大丈夫だろうという考えも捨てて、しっかりと禁煙を行いましょう。