禁煙はどのくらいの期間・値段でできるのか

禁煙は自力で行うこともできますが、プロの医療機関に頼ることもできます。
医療機関で禁煙を行う場合は、禁煙外来を受診することになりますが、この禁煙外来はどこにでもあるわけではないので、自分で受診できるところを探さなければなりません。
また、治療にどのぐらいの期間がかかるのか、料金はどのぐらい必要なのか、そうした点も事前に調べておく必要があります。
加えて、病院ごとに対応力が違うことから、どこを受診するか病院選びも慎重に行わなければなりません。
まず禁煙外来での治療にかかる期間ですが、一般的な禁煙治療薬を用いた場合でいえば、この薬が1日2回、合計12週間内服が必要なので、経口薬での治療は12週間は必要になります。
治療にかかる料金は、初診料、再診料、ニコチン依存症管理料などが必要で、18000円程度が必要になります。
なおこの金額は保険適用後の金額であり、保険適用による3割負担での料金となります。
禁煙外来の治療は保険が適用できるので、この点では患者にとっては比較的経済的負担が軽くなります。
さて、禁煙治療を行う時の病院の選び方ですが、これにはいくつかのポイントを抑えておかなければなりません。
一つは、この分野での治療実績や症例が多いところを探すことです。
医師免許を持った人間がいるとはいっても、実際に積み重ねた経験や実績によって医者としての対応や技術は違います。
少しでも効率よくまた的確な方法でタバコをやめるためには、数多くの症例を見てきた経験ある医師のいるところを受診しなければなりません。
もう一つは、インターネットの口コミを参考にすることです。
実際に受診した人の体験談や感想は多く寄せられている口コミなら、いろいろな病院の情報や評判を知ることができるので、そこから病院選びの判断材料を得ることができるでしょう。
もちろん、病院の施設や設備などインフラ状況も重要になるので、そうした点も必ず確認しておきましょう。